HOME>アーカイブ>企業などは普段使わない書類などを置く場所が無くて困ることがあります

書類などを保管する場所

倉庫

企業では営業車、機械、商品などを置く場所が当然のように必要です。ところが事務所や倉庫などを借りたり建築したりするとき、意外と盲点になるのが、書類の管理です。在庫管理や日常業務などの書類には気が回るものですが、財務関係の書類保管期間は税理士などに指導され、そのときになって困ってしまうものです。事業組織が法人の場合には主な書類は10年間、個人事業の場合は7年間保管しておく義務があります。確定申告が終わって、税理士に書類の保存期間を聞いて、驚きます。どこに置いておこうか困ってしまいます。税務関係の書類以外にも、社会保険などの関係書類なども普段必要がないにもかかわらず、一定年数保管する必要があります。日常の業務とは関係ない書類の保存をどうするか考えたとき、キュラーズという選択肢が考えられます。

必要な空間を確保する方法

倉庫

いわゆる貸空間として思い浮かぶのはトランクルームです。その選択肢の有力なものはキュラーズです。この企業は設立されて多くの年数が経っており、トランクルーム業界では有名といえます。ですから、顧客が必要とする空間の大きさが様々あるうえ、ノウハウを多くもっています。全国の主要都市に営業所があり、経験豊かなスタッフが常駐しています。さらに、ウエブなどを利用した若い世代にも近づきやすい環境も整えられています。

空間を利用の仕方ついて

倉庫

トランクルームの老舗としてのキュラーズを上手く利用することによる具体的な方法を考えてみます。まず、日常業務では滅多に使わない書類だけでなく、一部の商品などを置く場所として利用することができるでしょう。企業に限りません。家庭での利用方法も考えられます。衣替えなどに利用することなどが考えられます。押入れやクローゼットの整理の機会として利用することも良いでしょう。つまり、家庭内の整理の一時的な置き場所として利用するなどの利用方法もアイデア次第というところでしょう。

広告募集中